神田バル祭り

江戸前鮨はご当地食、中華・洋食・インド料理迄世界の料理を食べ比べ

このイベントは終了しました

04_kanda_bar_banner

こちらから購入できます

料金
前売券(3枚綴り) ¥2,700 前売券(3枚綴り) 売り切れ

コンビニ決済の場合、決済手数料324円が別途かかります。

開催日
2013年11月8日(金)・9日(土)18:00~23:00(受付時間17:00~20:00)
開催地
東京都 千代田区 神田駅一番街商店街(JR神田駅東口)
申込〆切
2013年11月9日 (土)
あなたの参加状況
確認するにはログインしてください。
キャンセル規定
ご購入後如何なる理由があった場合でも、キャンセルは行えません。
当日受付場所
センチュリー21店舗(千代田区鍛冶町2-9-4 03-5296-4321)
このイベントの開催者情報
Twitter
https://twitter.com/kandabar__

参加店舗詳細はこちら>>

ガイドマップ詳細はこちら>>

<街バル>

前回は4年ぶりに開催された江戸3大祭りのひとつ「神田祭り」に併せた企画で、商店街の通りは御神輿が練り歩く一幕もあり大いに盛り上がりました。今回は4度目の街バルですが、参加各店も本企画に慣れてきており、皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

<後バル>

ご購入頂きましたチケットは、開催日以降1週間(平成25年11月16日迄)の期間は金券としてご利用いただけます。金額は一枚当たり900円です。

 

<商店街の沿革>

当商店街は昭和39年に発足し、「JR神田駅」も町会員に含む伝統ある「鍛冶町二丁目町会」に属します。JR線神田駅東口のガード下と線路側道沿いに多数の飲食店が連なる街区で、昔から鮨屋さんが多く、通称鮨屋横丁とも呼ばれたそうです。現在でも往時からの鮨屋さんが営業しておりその名残はありますが、新幹線の開通に従い横丁の趣はすっかり消えて見違えるように明るくきれいな街並みとなっています。

<商店街の特徴>

「江戸っ子だってね。神田の生まれよ!」という具合に、神田は江戸時代からご城下の粋な商人の町として賑わってきましたが、今でも、多くの企業が集積する商業地です。日頃はこうした企業に勤務するサラリ-マンをお相手に、昼食や帰宅前の一杯でお立ち寄りいただく駅前の当商店街ですが、和・洋・中華は当然として、インド、スペイン、アジアン料理等国際色豊かで魅力的なお店が混在しています。随所に残る江戸下町の風情を感じつつ、多様な味を楽しめるグルメな街「神田一番街」でのひとときをお楽しみ下さい。

こちらから購入できます

料金
前売券(3枚綴り) ¥2,700 前売券(3枚綴り) 売り切れ

コンビニ決済の場合、決済手数料324円が別途かかります。

神田バル祭り

街バルを
カレンダーで探す

201612
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
loading